くろめちのざっきぶろぐ

毎日グミを食べているくろめちの雑記ブログです。

自撮りライトを買ったのでレビューしてみました

f:id:kurometi:20170818234313j:plain

こんにちはーくろめちです。

 

僕はiPhoneのカメラで撮影することが多いですが、なんか暗いなーと思うときが多々あります。

しかしiPhoneのカメラアプリを立ち上げている撮影中はiPhoneのライトをつけることができません

そこで自撮りライトを向けて撮影すればいい感じになるはず!と思い自撮りライトを購入しました。

 

これからレビュー&使ってみた感想を書いていきます。

 

▼今回、買った商品はこちら。 

 

開封

さっそく開封していきます。

 

f:id:kurometi:20170818214015j:plain

  

f:id:kurometi:20170818214041j:plain

 

 箱を開けるとライトや取り扱い説明書などが入っています。

 

f:id:kurometi:20170818214300j:plain

 

入っているもの

  • 自撮りライト
  • 充電USBケーブル
  • 取扱説明書
  • 保護袋(ピンク)

 

自撮りライトは乾電池を入れるタイプもありますが、こちらはUSBでつなぐと充電できます。

 

f:id:kurometi:20170818214441j:plain

 

背面のボタンを押すとライトが点灯します。 

 

f:id:kurometi:20170818214502j:plain

 

想像以上にまぶしい!

 

f:id:kurometi:20170818214534j:plain

 

この自撮りライトの特徴

明るさの調節

ボタンを長押しすることでライトの明るさを調節することができます。

 

点滅させることができる(2段階)

カチカチと2回すばやく押すことでライトを点滅させることができます。

さらに点滅した状態でもう一度、カチカチと2回すばやく押すと点滅速度が遅くなります。

 

USB充電

乾電池のタイプもありますが、これはUSBケーブルでつなぐことで簡単に充電することができます。

 

スポンサーリンク

 

 

ライトの横の面には窪みがあります。

ここにUSBケーブルを挿すことで充電することができます。f:id:kurometi:20170818214814j:plain

 

f:id:kurometi:20170818214843j:plain

 

装着してみた

iPhoneにクリップで挟む感じで装着することができます。

この写真をiPhoneで撮っているため、イメージとしてグミサプリで代用してみます。

 

こんな感じにiPhoneに装着します。

iPhone以外にもiPadにも装着できます。

PCにも取り付けることができるので、スカイプするときに役立ちそうです。

 

f:id:kurometi:20170818231500j:plain

 

裏面はこんな感じになります。

f:id:kurometi:20170818231554j:plain

 

ライトをつけるとこんな感じです。

f:id:kurometi:20170818231634j:plain

 

撮影してみた

さっそく、そこにあったポイフルを撮ってみました。

 

まずライトなし。 

f:id:kurometi:20170818221451j:plain

普通…ですね。

加工などは一切していません。

 

次は自撮りライトONで撮影しました。

f:id:kurometi:20170818221511j:plain

おお、明るくなった。

こちらも加工なし。

微妙な差ですが明るくなっています。

 

 

▼今回購入した商品

 

スポンサーリンク