くろめちのざっきぶろぐ

毎日グミを食べているくろめちの雑記ブログです。

人工甘味料とウェルパワー 『自分を操る超集中力』

人工甘味料とウェルパワーについて少し書きます。

考えることになったきっかけは下のライブドアニュースです。

 

news.livedoor.com

 

要約すると「人工甘味料を食べると体重の減少よりも、むしろ増加につながる可能性もありえるよ」ということです。はっきりしない結論ですね。

 

 

人工甘味料といえばダイエットに効果的といわれる反面、危険というイメージがあります。

といっても虫歯を防ぐガムでおなじみキシリトールも人工甘味料なんです。

 

歯科専用キシリトールガム

余談ですが同じ種類のキシリトールガムでも歯医者さんでしか買えないものがあります。

通常よりも値段が少し高いですが、こちらはキシリトール100%となっています。

えっ、スーパーで売っているやつは100%じゃないの?と思ったのですが、実は市販されているガムにはあまりキシリトールが入っていません。

 

それでふとAmazonをのぞくと歯科専用が売られていてビックリしました。

歯医者さんに行かなくても買えます。

 

【歯科専用】キシリトールガム ボトルタイプ90粒(アップルミント)

【歯科専用】キシリトールガム ボトルタイプ90粒(アップルミント)

 

 

広告

 

 

僕は「人工甘味料は悪だ」とまでは思わないのですが、これまでに人工甘味料は身体に悪いのではないかといわれてきました。

 

理由1

人工甘味料を摂取しても血糖値は上昇しません。

つまり甘い食べ物を摂取したにもかかわらず血糖値が上がらないので、脳が驚いてますます甘いものを欲してしまいます。記事の中にもありました。

 

脳による「甘味の認識」と摂取エネルギー量の関連性が人工甘味料では保たれない点がその理由とされる。

つまり、甘味を認識してもエネルギーが摂取されていないため、脳は別のものからの栄養摂取を欲してしまうということだ。

 

 

理由2

最近だと糖質制限ダイエットが流行っていますが、そのデメリットとして腸内環境の悪化が懸念されています。理由は糖質制限により腸内環境を改善する役目を担う食物繊維が不足してしまうからです。

 

(炭水化物=糖質と食物繊維)

 

腸は消化以外に神経伝達物質をつくったりと様々な役割を持っており第二の脳といわれるほど重要な器官です。人工甘味料はこの大切な器官である腸内環境を乱してしまうといわれています。

 

身近な例だと抗生物質も副作用として腸内環境を乱してしまいます。よって処方される際は腸整剤も一緒に出されます。

 

甘味料が腸内細菌の自然なバランスを壊し、それによって食べ物の代謝が強い影響を受けるというものだ。

 

記事では腸内環境の悪化→代謝の悪化につながると言っています。

腸内環境の悪化は免疫力が低下して体調を崩しやすくなったり、またアレルギー症状が出ることもあります。

僕はお腹の調子が悪いなと思ったときはビオフェルミンを飲んでいます。

武田コンシューマーヘルスケア 新ビオフェルミンS細粒 【指定医薬部外品】

 

 

理由3 

さらにこの記事では心理的な面にも触れています。

 

意識・無意識にかかわらず、完全に心理的な理由が指摘されている。

私たちはある方法でカロリー摂取量を制限すると、別の一つまたは複数の方法で、栄養を摂取しようとするというのだ。

 

たしかにゼロカロリーのコーラを飲んでいるから、少しは甘いものを食べても大丈夫って思っちゃいますよね。

ほかには減塩のポテトチップスの方がむしろ多く食べてしまい、普通のポテチよりも塩分とりすぎて本末転倒になってしまうことにも通じると思います。

 

 

理由4

正直、一読しただけではわかりにくです。

 

さらに、私たちは逆の方向から疑問を提示している可能性があるとの指摘もある。

人工甘味料が体重増加を引き起こしているのではなく、体重増加が甘味料の使用の「理由になっている」のかもしれないということだ。 

 

これは人工甘味料によって太るのではなく、太っている人が人工甘味料を欲するということではないかと思います。

マツコ・デラックスさんが司会を務めたことで話題のNHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン - NHK」に対してもいわれたように因果関係と相関関係の問題だと思います。

 

 

結論

体重を減らすためには、あるいは増やさないようにするためには、多量の砂糖を欲しないように脳(または精神)を訓練することが、より生産的な方法なのかもしれない。

 

結局、ウェルパワーでした。

はっきりと人工甘味料が身体に悪い・悪くないという結果が出ていないので仕方ないのかなと思います。

 

広告

 

 

そもそもウェルパワーって何だよと思った方はメンタリストDaiGoさんの『自分を操る超集中力』という本を読んでみてください。いちばんわかりやすいです。

 

この本によるとウェルパワーつまり意志力には体力と同じように総量が決まっています。そしてウェルパワーは何かを決断するたびにどんどん消耗していきます。

 

身近な例だとダイエット中なのに夜遅く疲れて帰ってくると、誘惑に負けてついついお菓子を食べてしまった経験はないですか。これはウェルパワーが消耗したからです。

 

あ、なんだ、私が悪いわけじゃないんだ。

ウェルパワーがなくなってしまったからなんだ

ぜんぶ、ウェルパワーのせいだ。

 

と思った方は注意してください。

「ウェルパワーが消耗すると誘惑に負けやすくなってしまう」ということを知っていると、さらに自分自身に甘くなるといわれています。

 

スノーマジックファンタジー

スノーマジックファンタジー

  • SEKAI NO OWARI
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

広告

 

 

参考文献など

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 

 

腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方 (早川書房)

腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方 (早川書房)

  • 作者: ジャスティンソネンバーグ,エリカソネンバーグ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

  

あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた

あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた

 

 

糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ て (幻冬舎新書)

糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ て (幻冬舎新書)

 

 

武田コンシューマーヘルスケア 新ビオフェルミンS細粒 【指定医薬部外品】

武田コンシューマーヘルスケア 新ビオフェルミンS細粒 【指定医薬部外品】

 

 

広告