読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「#CDが売れないこんな世の中じゃ」鬼龍院翔天才かよ!【感想】

ゴールデンボンバーのパフェーマンスで震えました。

キリショーの努力を天才としか表現できない自分が情けないほどに。

 

では「#CDが売れないこんな世の中じゃ」の感想を書きます。 

経緯を説明するためにまずゴールデンボンバーがミュージックステーションに出る1週間前にさかのぼります。

 

1週間前、Mステ出演とそれに合わせて新曲の音源だけ先に公開されました。

僕は新曲を聴いて少しがっかりしました。

「なんか物足りないなー、曲は良いし、発売前にいち早く聴けるのは嬉しいけど、なんで先に音源だけ公開しちゃうんだよー!どうせならPVで見たかったなー、なんかもったいない。」

というのが正直な感想でした。

 

音源だけ先に公開される場合でも、例えばパーソナリティをつとめているラジオ番組で曲を流したり、そうでなく他の人がやっている番組にゲストで出演して、新曲についての話が聴ければいいと思います。

今回はそうではなくMステで来週新曲やるから、一応聴けるようにしとくよーと、何か事務的で寂しい感じもありホームページに貼ってあるリンクが凄く無機質に感じました。

 

このとき少し変だなと思ったんですが、リンクとともに「好きに使ってください」的なコメントが添えられていたので、もしかしたら後々著作権フリーにするのかな?くらいにしか予想していませんでした。

 

しかし、このとき僕は夢にも思いませんでした。

これはダミーの新曲だということを。

 

 

話は戻って、この音源だけ公開されてしまうもったいない感じは曲と映像が化学反応を起こして爆発した「死んだ妻に似ている」というPVを見ればわかってもらえそう。

 

何回も言いますが「#CDが売れないこんな世の中じゃ」というインパクトのあるタイトルなのに音源だけ先に公開は超もったいないということです。

 


「ゴールデンボンバー/死 ん だ 妻 に 似 て い る Full size(音声モノラル64kbps)」【GOLDEN BOMBER】

 

ネタ的な曲はゴールデンボンバー独特の世界観と組み合わさってこそ、いい意味で最大限にヤバくなります。

それなのに音源だけ先に公開するのは、鬼龍院さんらしくなく、なんか腑に落ちませんでした。

でもこの新曲(偽)はすごく中毒性があって、結構リピートしてしまいました。

 

 

新曲を聴いて「なんか、もったいない」と感じたところからプルプル震えるほど感動するまでに至った経緯について書きたいと思います。

(思ったことを勢いにまかせてばーっと書きなぐったので、見出しとかなく読みにくいので後から修正しようと思っています)

 

広告

 

 

 

一連の「#CDが売れないこんな世の中じゃ」について、しっかりとした概要は鬼龍院さんのブログに書かれています。

 

ゴールデンボンバー 鬼龍院翔オフィシャルブログ「キリショー☆ブログ」Powered by Ameba -2ページ目

 

ざっくりと説明するとミュージックステーションでどこにも公開していない(?)新曲「#CDが売れないこんな世の中じゃ」を披露しました。

 

曲のタイトル通りCDが売れないこんな世の中じゃ、ということで、それなら無料でダウンロードさせてやる!QRコード公開だ!!というパフォーマンスを歌唱&演奏中(エア)に行いました。

 

 Amazonで無料でダウンロードできます。

#CDが売れないこんな世の中じゃ

#CDが売れないこんな世の中じゃ

  • アーティスト: ゴールデンボンバー
  • 出版社/メーカー: euclid music publishing inc.
  • 発売日: 2017/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

(補足)僕はアマゾンのミュージックアプリをダウンロードしてうまくいきました。

Amazon Music

Amazon Music

  • AMZN Mobile LLC
  • ミュージック
  • 無料

 

 

未公開の新曲(?)というのは、話が複雑になるので順を追って説明します。

まずMステで披露する前にCDジャケットを公開してしまうとネタバレで驚きが減ってしまいます。

CDジャケットに無料でダウンロードのできるQRコードが載っているので。

 

#CDが売れないこんな世の中じゃ

 

引用:2017年4月5日(水)発売 シングル 「#CDが売れないこんな世の中じゃ」ゴールデンボンバー | ゴールデンボンバー Official WebSite

 

そのため3月31日のMステのパフォーマンスまで絶対に外部に漏れないように厳重に管理していました。

にもかかわらず、なんと事務所のミスで流出してしまいます。

 

どのように漏れたかというと、ライブで配るチラシにジャケット写真が載ってしまいました。

 

ここで鬼龍院さんの凄いところは、「ライブで配るチラシにジャケット写真が載った」ということはつまり、

それを知らない一般の人はMステを見て「なんだこれ!?演奏中にQRコードを公開して無料ダウンロードさせるとかww ゴールデンボンバーワロタwww」と驚くけど、

ジャケット写真を知っているファンにとっては「ああ、ジャケットのあれねー金爆w」と驚きが減ってしまう。

 

ファンの驚きが減ってしまう。

 

これでは後に「事務所のミスで驚きが減った」という結果になってしまう。

そうではなく「事務所のミスがあったけど前代未聞のやり方で結果的にファンも驚いた」という結末にしようとして、ダミーの新曲を作ります。

 

作られたダミーの新曲はMステのパフォーマンス1週間前に以下のリンクから公開されました。

 

#CDが売れないこんな世の中じゃ | ゴールデンボンバー Official WebSite

 

あの流出したジャケットのQRコードはこれのことだと思わせるためです。

 

偽曲はライブ期間中という忙しかったため時間がなく、2時間で作られました。

でも、そんなふうに思えない中毒性のある完成度。

曲調も本物は激しいバンドサウンドに対し、偽者はEDMっぽくなっていて驚きが減らないように工夫されています。

さらにに歌詞もCDが売れないことに対して本物はネガティブ、偽者はポジティブと捉え方を対比させています。

すっごく手の込んだダミーに仕上がっています。

 

広告

 

 

キリショーはここまで考えているのか!と驚愕したことがもうひとつあります。

 

CDを買うファンからすると、1曲目を無料ダウンロードできてしまうということは即ち、単純に1曲分損しているということになります。

 

ですが、このこともしっかり考えられていて配慮されています。

 

ニューシングルが発売されるということが発表された時点では収録曲が3曲でした。

この「#CDが売れないこんな世の中じゃ」を含め3曲が4月5日に発売されると全国ツアーの最終日にアナウンスされました。 

 

1.#CDが売れないこんな世の中じゃ

2.アモーレ

3.あったかいよ、ユウジ

 

 

今回、表題曲の「#CDが売れないこんな世の中じゃ」が無料でダウンロードができるようになった直後「さよならも言わずに」という本来収録予定に入っていない曲が追加されることが発表されました。

 

1.#CDが売れないこんな世の中じゃ

2.アモーレ

3.あったかいよ、ユウジ

4.さよならも言わずに←new

 

CDの価値はは単純に曲の数ではないですが、これでCDを買うファンは同じ金額で3曲買うことは変わらず、表題曲が無料でダウンロードになったことで損したことにはなりません。

 

(ゴールデンボンバーの今までのシングルは基本的に3曲収録されている)

 

QRコードを公開して無料配信できるようにすることで生じる、「わたしたちはお金払っているのに無料で配るなんて…という不満」まで先回りされていました。

 

 

突然のハプニングには驚きを減らさないためにダミーの新曲をつくり、CDを買うファンには損した気持ちにさせないために追加の新曲までつくる。

どこまでもファンのことを考えているなーと感動しました。

 

広告

 

 

僕はチラシの件は知らず、ダミーの新曲を聴いて、傲慢にも正直「今回はなんか中途半端でもったいないなー」と思っていました。

 

いままでゴールデンボンバーはフルバージョンのPVをYoutubeに公開しています。(CDとの差別化で音質は少し落としてあります)

 

恐らくこれからフルバージョンのPVをアップするのに、ここで音源だけ先にアップする?ゴールデンボンバーはPVも含めて面白いのに、先にネタバレ的なことする??

と思っていました。

そして。

 

MステとPVと鬼龍院さんのブログを読んで震えるに至ります。

その裏では多くの努力が隠されていました。 

 

Mステで披露後、「#CDが売れないこんな世の中じゃ」のPVが公開されました。

 


ゴールデンボンバー/#CDが売れないこんな世の中じゃ Full size

 

 

僕は先にYoutubeのPVを見たので、ダミーの新曲に騙されて、何これ!知ってるやつと違う!?と、すぐに録画してあったMステを見ました。

この衝撃はリアルタイムで感じたかった。

 

鬼龍院さん本人も番組内でMステで披露するためにこの曲を作ったと言っており、僕の勝手な予想ですが

 

Mステで披露したい

→長時間スペシャルなら話題になるし呼ばれやすい?

→Mステのスペシャルは改変期に行われる

→そうだ!それに合わせて発売を4月にしよう!

→スペシャルなら出演者も増えるし、いまCDが例外的に売れまくっていて恐らく共演するAKB48も巻き込めば面白いのでは?

 

ここまで想定していたのではないかと考えてしまいます。

先ほども言いましたが、僕は初めてこの曲を聴いたのがYoutubeのPVだったので

「景気が良いのAKBだけ」

という歌詞はAKB48に対する皮肉なのかな?(そんなコメントもあったし)と思っていました。

でもMステのパフォーマンス内でAKBの制服をきたQRコードの演出もあって、ディスというよりは、これは完全に狙ってネタにしたなーと思います。

 

以上。ゴールデンボンバー好きだけど、そこまで詳しくない視点からの感想でした。

 

#CDが売れないこんな世の中じゃ

#CDが売れないこんな世の中じゃ

 

 

 

「今回のパフォーマンスを思いついた」といって、鬼龍院さんのブログでも取り上げられていたヒットの崩壊 (講談社現代新書)という本はすごく面白かったです。

音楽以外すべてを排除した「ローラの傷だらけ」のことも触れられています。

 

ヒットの崩壊 (講談社現代新書)

ヒットの崩壊 (講談社現代新書)

 

 

ゴールデンボンバー 鬼龍院翔オフィシャルブログ「キリショー☆ブログ」Powered by Ameba

 

広告