2017/6/26 にっき

ブログの名前を変えたし心機一転ふと日記でも書いてみたくなった。

 

でも日記ってむずかしい。

 

最後に日記を書いたのは、たしか小学4年生ぐらいだったと思う。

小学生の頃、宿題には漢字ドリルや算数ドリルのほかに家庭学習帳なるものが設けられていた。これは自分でやりたい勉強をこのノートに書いて先生に提出するといったものだった。平日のノルマは3~5ページほど課せられていて休みの日はもう少し多かったと思う。

ある日、僕はこのノートに日記を書いた。たぶんノルマの3ページまで少し足りなかったからだろう。日記はその隙間を埋めるのにちょうどよかった。学校が終わって友達と遊んだ、といったごく普通の内容だった。翌日も日記を書いた。同じように友達と遊んだことに加え、それだけではと思い昨日は書かなかった晩ご飯の献立も付け足した。さらに翌々日も日記は、書かなかった。いや書けなかった。今日という日に友達と遊んだこと、晩ご飯の献立、以外に新しい発見はなかった。そして僕は繰り返される退屈な日常に絶望した。日記が書かれるはずの予定地には算数の筆算が不自然に並んだ。

 

日記ってむずかしい。

 

小学生の頃、日記を書いたけど3日坊主で終わってしまったことを全力でカッコつけてかいてみました。これからはこんな感じでふと思ったこと・感じたことを書いていこうと思ってます。

 

 

アイキャッチどうしよう?

アマゾンで「日記」と検索してみるとイイ感じの表紙の本があったのでこれにします。英語です。漢字ドリルつながりで最近話題のうんこ漢字ドリルと迷ってました。

 

Diary Of A Wimpy Kid (Book 1)

Diary Of A Wimpy Kid (Book 1)

 

 

日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学4年生

日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学4年生

 

 

広告

 

票数は愛ではない!?須藤凜々花が結婚発表したから「人生を危険にさらせ」を読み返してみた

りりぽんこと須藤凜々花がAKB総選挙でまさかの結婚を発表しました。

まんまとでっかい風穴を開けられました。

 

 

 

素敵な順位をありがとうございます。

わたし〇〇〇はAKB48を卒業します。

そんな聞きなれたスピーチではなく結婚します…

 

 

これに対していろいろな反応があります。

裏切られた! 

文春砲に先手をうっただけ!

恋愛禁止のグループで結婚っておかしい!

りりぽんに〇〇〇万円使ったのに!

 

さらにファンだけでなく同じグループのAKBメンバーからもめちゃめちゃ批判されています。特に発表を聞いた渡辺麻友さんの「はあ!?」といった顔が取り上げられています。検索してみてください。

 

あらかじめ発表することを予定していたのか、それとも文春に見つかったから急遽発表したのかわかりませんが、結婚おめでとう!という祝福コメントよりも多くの批判を承知の上で覚悟を持って総選挙の舞台で発表するというロックな精神は凄すぎるな!…と思い、須藤凜々花さんの著書「人生を危険にさらせ」をもう一度読み返してみました。

 

 

人生を危険にさらせ! (幻冬舎文庫)

人生を危険にさらせ! (幻冬舎文庫)

 

 

広告

 

 

この本は4つのテーマを政治社会学者の堀内進之介氏と対話したあと、それに付け加えるかたちで須藤凜々花自身のコラムで構成されています。

 

1.生きるということ
2.愛するということ
3.自由になるということ
4.正義(ただ)しいということ
5.大人になるということ

 

 

今回は須藤凜々花さん(以下りりぽん)が結婚することについてどう考えているのか?という意図を探るために2つめの「愛するということ」の章の言葉を引用します。

 

幼稚な愛は「愛されているから愛する」という原則にしたがう。成熟した愛は「愛するから愛される」という原則にしたがう。

 

これはりりぽんが衝撃を受けたというエーリッヒ・フロムの『愛するということ』という本の一節です。 「愛されているから愛する」という受身の愛ではなく、成熟した愛とは「愛するから愛される」という能動的なもののようです。

 

愛するということ

愛するということ

 

 

広告

 

 

この言葉についてりりぽんはこう考えます。 

 

現代の資本主義社会は、この未熟な愛を助長していると私は思う。というのも、資本主義の等価交換という幻想が、恋愛にも当てはまると勘違いさせるからだ。つまりは 必要だから愛する、という形を取らせてしまう。そうではなくて、フロム先輩が言う通り「愛しているから必要」と言われなくては、本当の愛ではないのである。

 

投票権をお金で買うAKB48の総選挙ってシステムは間違いなく資本主義だと思います。その舞台で結婚を発表した。そして愛は等価交換でない。総選挙は幼稚な愛なのか?。おお、なんか深い。

 

別の角度から愛について考えてみます。

かつて「票数は愛です」と語った大島優子さんがインスタでりりぽんの結婚について批判したことが話題になっています。しっかりヤフーニュースに取り上げられていたので一部引用します。

 

「総じて言いたいのは、この帽子がきっと、私の全ての言葉だと思うの。せーのっ」といった後で頭を下げると、白いキャップの前面にはFで始まる4文字が記されていた。

 

Fで始まる4文字…

 

headlines.yahoo.co.jp

 

一連の流れをまとめるとこんな感じです。

 

大島優子 :「票数は愛です」

須藤凜々花:「私、結婚します」愛は等価交換でない。

大島優子 :「……」Fで始まる4文字

 

大島優子さんのいった「票数は愛です」をりりぽんは「票数は(幼稚な)愛です」と捉えて今回結婚発表した。これに対する大島優子からのアンサーがFで始まる4文字。

 

実際本人たちはこのように考えてないと思いますが、なんか辻褄が合うような気がしました。

 

今回の総選挙は「愛するということ」を問うものではないでしょうか?

  「人生を危険にさらせ」を再読した結果この結論にたどりつきました。

 

 

本書ではさらに続けてこう述べています。

 

カント先輩が言うように、相手を道具としてのみ見てはいけないし、相手に捨てられないように自分を道具化してはいけない(便利な人になってはいけない)。本当の愛がお互いに目的でなければならない。だから、ありのままでいることが大切なのだ。

 

個人的にはイマイチしっくりこないのですが、レリゴー的な結論になりました。

最後にはこの言葉で締めくくられています。

 

私はありのままでいようと思う。そうしていたら、きっといつか恋に落ちるはずだから。
晴れて恋愛ができた暁には、りりぽん版『愛するということ』をだしてみたい。 死ぬまでにだせますように。

 

今回の総選挙のことも含めた、りりぽん版『愛するということ』を楽しみに待っています。

 

人生を危険にさらせ! (幻冬舎文庫)

人生を危険にさらせ! (幻冬舎文庫)

 

 

広告

 

 

ペヤング背油MAXを食べてみた【感想】

ペヤング背油MAX

セブンイレブンで気になる商品を見つけたので買ってみました。

 

ペヤング背油MAX

 

パッケージのインパクトがすごい。

 

f:id:kurometi:20170430140806j:plain

 

 

f:id:kurometi:20170430140822j:plain

 

ゆでたまごを入れました。

背油MAXというだけあって油がすごい!

糖と油、これは本能に訴えかける系の旨さです。

 

カロリーは696kcal

 

食べ終わったあとは水がめちゃめちゃ欲しくなる!!

 

広告

 

 

まるか商事 ペヤング 背脂MAXやきそば 130g×18個

まるか商事 ペヤング 背脂MAXやきそば 130g×18個

 

「#CDが売れないこんな世の中じゃ」鬼龍院翔天才かよ!【感想】

ゴールデンボンバーのパフェーマンスで震えました。

キリショーの努力を天才としか表現できない自分が情けないほどに。

 

では「#CDが売れないこんな世の中じゃ」の感想を書きます。 

経緯を説明するためにまずゴールデンボンバーがミュージックステーションに出る1週間前にさかのぼります。

 

1週間前、Mステ出演とそれに合わせて新曲の音源だけ先に公開されました。

僕は新曲を聴いて少しがっかりしました。

「なんか物足りないなー、曲は良いし、発売前にいち早く聴けるのは嬉しいけど、なんで先に音源だけ公開しちゃうんだよー!どうせならPVで見たかったなー、なんかもったいない。」

というのが正直な感想でした。

 

音源だけ先に公開される場合でも、例えばパーソナリティをつとめているラジオ番組で曲を流したり、そうでなく他の人がやっている番組にゲストで出演して、新曲についての話が聴ければいいと思います。

今回はそうではなくMステで来週新曲やるから、一応聴けるようにしとくよーと、何か事務的で寂しい感じもありホームページに貼ってあるリンクが凄く無機質に感じました。

 

このとき少し変だなと思ったんですが、リンクとともに「好きに使ってください」的なコメントが添えられていたので、もしかしたら後々著作権フリーにするのかな?くらいにしか予想していませんでした。

 

しかし、このとき僕は夢にも思いませんでした。

これはダミーの新曲だということを。

 

 

話は戻って、この音源だけ公開されてしまうもったいない感じは曲と映像が化学反応を起こして爆発した「死んだ妻に似ている」というPVを見ればわかってもらえそう。

 

何回も言いますが「#CDが売れないこんな世の中じゃ」というインパクトのあるタイトルなのに音源だけ先に公開は超もったいないということです。

 


「ゴールデンボンバー/死 ん だ 妻 に 似 て い る Full size(音声モノラル64kbps)」【GOLDEN BOMBER】

 

ネタ的な曲はゴールデンボンバー独特の世界観と組み合わさってこそ、いい意味で最大限にヤバくなります。

それなのに音源だけ先に公開するのは、鬼龍院さんらしくなく、なんか腑に落ちませんでした。

でもこの新曲(偽)はすごく中毒性があって、結構リピートしてしまいました。

 

 

新曲を聴いて「なんか、もったいない」と感じたところからプルプル震えるほど感動するまでに至った経緯について書きたいと思います。

(思ったことを勢いにまかせてばーっと書きなぐったので、見出しとかなく読みにくいので後から修正しようと思っています)

 

広告

 

 

続きを読む

はてなブログproに課金するのを忘れたらPVが激減した

はてなブログproに課金するのを忘れたらPVが激減した話

結論:はてなproを更新し忘れたらめちゃめちゃPV数が減りました。

 

なぜこうなったのか、はてなproになった経緯を含めて振り返ります。

 

僕はメインでグミを紹介しているブログをやっています。

(このブログのPV数が激減しました)

www.gummiblog.com

 

僕は毎月1008円払ってはてなブログproになっています。

1年や2年単位での契約コースを選ぶと割引が適用されて、もう少し金額を抑えることができます。

しかし1年コースが8000円ぐらい、2年だと14000円ぐらい一気に支払わなければなりません。

 

年間契約がお得だとわかっていても、やっぱりまとめて払うことをためらってしまいます。

それでチマチマと1ヶ月ごとに課金していました。

 

 

1ヶ月単位の支払いは普通に行うと手数料などがかさんでしまうので、回避する方法を以前まとめました。

 

www.gummiblog.com

 

広告

 

 

簡単に説明するとインターネット上で使えるクレジットカードを使って支払います。

これはコンビニでチャージするプリペイド方式なので、使いすぎるということがありません。

逆に言えば、当たり前ですが残高がないと支払いができません。

 

今回この方法があだとなり、はてなブログproを継続できませんでした。

幸いにも継続できていないことに気づいたのが、翌日の朝でした。

時間的には8~9時間後です。

すぐに課金して、はてなproに戻りました。

フッターなど元々設定していた項目は特に何もしなくてもすぐに元通りになったので、よかったーと胸をなでおろしました。

 

しかし一番の問題点は「独自ドメインは戻らない」ということでした。

 

その結果PV数が普段の1/2~1/3程度になりました。

 

はてなproを更新した直後はフッターなど元々設定していた項目がすぐに戻ったため、ドメインも遅れているだけですぐに戻るだろうと思っていました。

しかし独自ドメインになっていないとお昼頃に気づいて改めて設定しましたが、結局めちゃめちゃPV数が減りました。

 

めちゃめちゃはてなproに依存しているなーと思ったのと、あと次から忘れないように自分への戒めも込めて記事にしてみました。

 

独自ドメインにしていなかったら、こうはならなかったと思います。

 

来月からは気をつけます。

 

はてなブログ Perfect GuideBook

はてなブログ Perfect GuideBook

 

 

広告

 

ピコ太郎が語る『PPAP』誕生秘話、長さ1分の理由を読んで

PPAPが1分間の理由

 

『ピコ太郎が語る「PPAP」誕生秘話 長さ1分の理由』がヤフーニュースになっていました。

 それについての感想を書きたいと思います。

 

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

 この記事でピコ太郎はPPAPが1分間の理由についてこう述べています。

約1分という長さも良かったんだと思います。

一般的に曲といえば5分ほどありますよね。

ただ濃厚な1分間で盛り上がって終わる曲があってもいいんじゃないかと。

Twitterにアップ可能な動画の上限時間も140秒だったりしますしね。

結論として

Twitterにアップ可能な動画の上限時間も140秒だったりしますしね。

ということが一番重要だと感じました。

 

続きを読む